愛犬力丸の闘病や犬猫のこと、May2♪の大ボケ話がてんこ盛りです。
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■事故発生っ。
2010-09-15 (水) | 編集 |
 
爽やかな秋晴れの朝。8時少し前。庭の畑にいると。
キュルルッ! ンギュルルルルッ!  空回りするエンジン音。
ン~キュルキュルキュルキュルキュルキュルキュルキュルキュルッ!
音のする方を見る。 …え゛っ!!!
軽自動車の箱型バンが土手の端でシーソー状態。左後輪は完全に宙に浮いている。
運転席の男性は慌てふためいて必死でアクセルを踏んでいる。
ますます車体は傾いていく。このままでは横転するっ! 車に駆け寄る。

M「あの~。落ち着いて~。車をおりたらどうでしょう~」ゆっくり話しかける。
-「あ。あのっ。あのっ。わっ。私はっ。あのっ。ハ~ッ、ハ~ッ、ハ~ッ」
 ヨロヨロと降りてきた大柄な男性はガードマンの格好をしていた。
M「いま、お水もってきますからね。ここで待っててくださいね~」
 水のペットボトルを持って来て飲んでもらう。汗がすごい。タオルを渡す。
-「あ。あのっ。あのっ。あのっ。ハ~ッ、ハ~ッ、ハ~ッ」
M「落ち着いて~。落ち着いて~。大丈夫ですよ~。」背中をさする。
 現場に行くには早かったので、途中、ここで車を止めて休憩しようと思った。
 そしたら、車を寄せ過ぎて土手の端からタイヤが落ちてしまったとの事。
M「JAFを呼びましょうね~。それから、仕事先に連絡しましょうね~」
 その人は携帯を取り出したが、震えてしまってボタンが押せない。
 もうシドロモドロで震えが止まらない。代わりに電話をかける

M「もうすぐですからね~。大丈夫ですよ~」JAFが来るまで背中をさする。
しばらくして到着した大型パジェロ。JAFシールが貼ってある。
運転席から降りてきたのは、カジュアルな服装にくわえタバコの渋い男性。
状況を見て、ささっとロープを巻きつけると、牽引を始めた。
グィィィ~ン、グィィィ~ン、グィィィ~ン、グィィィ~ン。
軽自動車は、わりとあっさり引き上げられた。
-「ありがとうございますっ。ありがとう…」その人は何度も頭を下げておられた。

興奮のあまり倒れてしまうのではないかと。とても心配だった。
二次災害がなくて本当によかった。そして。 JAFさんは素晴らしい!
土手に車を止める際には、くれぐれも気をつけましょうね。
スポンサーサイト
■怪しい音。②
2010-06-17 (木) | 編集 |

草木も眠る 午前3時。 怪しい音で目が覚めた。
その瞬間、 土砂降りになった。

…え゛っ? なに?  耳を澄ます。

聞こえる…  確かに 聞こえる。
怪しいリズムとともに その音は 確かに聞こえる。

2階の部屋…?

階段を駆け上がり 確認する。 なんの変化もない。
1階に駆け下りて 確認する。 ドキドキドキドキ… 
………
聞こえる… 確かに 聞こえる。 …だが。何も見えない。
天井裏で何かが起こっている…?


あぁぁぁ… こっ、これは… この音は…
もしかして… これがウワサの… あ゛ぁぁぁ… 怖い怖い怖いっ

… 雨漏り…  (T_T)
■暗闇に浮かぶ。②
2010-06-08 (火) | 編集 |
 

夜7時すぎ。友達とお散歩に。
家の裏には小さな山。ふもとに続く竹林。その手前には小さな川。透明な水が、サラサラと流れている。
「この道、気持ちいいね。」
懐中電灯持って暗闇の中。せせらぎに癒されながら歩いていく。

「…ぁ、あれっ? お墓があるよ」
「…え゛っっっ!!!」     (@_@;)

う゛… ぅわぁ…。夜のお墓は…。ちょっと…。
初めて入った細い道。お墓があるとは想定外だ。足を速める私。すると…

「あっ! あれは何っ?!」 大声を上げる友人。
ユルユルと空中を舞う 怪しい光…

「きっ… きゃぁぁぁぁ~~~っっっ………」
「出た~~~っっっ!!!!!!」



…出るんだね。…出るとこには。…出るもんだね。
「今日は10匹見れたね。 ホタル。」
■暗闇に浮かぶ。①
2010-05-11 (火) | 編集 |
 今は亡き妹妹(メイメイ)と力丸♪

雨の夜。10時すぎ。2階の部屋。お嬢にゃんズは隣で寝ている。

…?    なにか視線を感じる。
…??   窓の向こうから?
…???  なんだろう。
…???? ふと顔をあげて窓を見る と…。

!!!!!! (@_@;) 白い顔が浮かんでるっっっ!

!!!!!! (@o@;) こ…っ、こっちを見てるっ!

き…、きゃぁぁぁぁぁ~っっっ! (>o<)

ここは田舎だ。家も古い。なにがあってもおかしくない。
でも。 でも。 でも。 なに? なに? なに?

白い顔は… フッと… 闇に消えた。


こんな事は初めてだ。なんとも言えない気持ちになった。
いまのは…  一体… どこの猫…?  (-_-;)

※屋根の上に猫さんがいて。室内を覗いていました。暗闇に浮かぶ白い顔。猫好きの私もビビリました。
■脱がされる。
2010-05-06 (木) | 編集 |

公園を歩いていると、怪しい物音が聞こえてきた。

男「脱げっ。脱ぐのだっ。脱がしてやるっ!」
母「やめてくださいっ。だメェェェ~っっっ…」
子「おじさんっ、ママをはなしてェェェ~っっっ。」

手を出す事もできず、呆然と見守る人たち。

男「逃がさないぞ。おとなしくするのだっ!」
母「痛いっ。やめてくださいっ。だメェェェ~っっっ…」
子「ママぁぁぁ~っっっ。」

高級毛皮を無理やり奪い、男は去って行った。


思わず激写してしまいました。※mixi Foto⇒ ■田舎の春②

48751245_3965788047[1] ひつじ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。