愛犬力丸の闘病や犬猫のこと、May2♪の大ボケ話がてんこ盛りです。
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■健康診にゃん。
2006-06-29 (木) | 編集 |

先週、我が家の末っ子、コロンにゃんが吐いた。毛玉ではなく水。力丸の診察時にN先生に相談した。

N「吐いたものが水…?おそらく胃液でしょう。他の病気かもしれないし、血液検査した方がいいでしょうね」
M「元気も食欲も旺盛で、見た目はフツーなんですけど」
N「見た目にもわかるようになった時は、かなり病気が進行して手遅れな場合が多いですよ」 …はっ!そうだったっ!
M「検査しますっ」 ついでにミルフィも。どっか悪いといけないし。
そんな訳で6/23、実は、ねこやまオールスターズ総出演の診察だったのでした。

そして結果発表~♪ コロンちゃんもミルフィちゃんも脱水気味だった。
脱水や貧血の状態を示すヘマトクリット値が平均より若干高い。
N「不感蒸発といって体温の上昇時など水分が体外に蒸発することがあります。ゴハンがドライなら、時々缶詰をあげるとか。カリカリを水に浸してあげるのも効果的ですね。美味しくないので食べないかもしれないけど。」
M「はいっ、やってみます。」

コロンちゃんは、胃液分泌過多だった。食欲が旺盛な証拠であるらしい。
お茶漬けフード、好き嫌いもなく、みんなフニャフニャ食べてます。
スポンサーサイト
■きっ、切り返せないっ。
2006-06-23 (金) | 編集 |
 ケンケンの車窓から。

愛車ケンケン号で出勤ダ。渋滞するので7時に家を出て余裕で着いた。
社員用駐車場は民家と民家の間にある。あまり広くない空き地にみんなで上手に止めていく。
1番奥に1台。その隣に止めて、コレでOK♪
今日は力丸の点滴デー。金曜日のN先生は18時まで。
仕方がない。新しい職場に来て3日目だというのに1時間早退である。
16:30 帰るゾ~ 「お先に失礼しま~す」タイムカードを押して駐車場へ。

(*_*) …ダ、ダメだ…。

狭い敷地に上手に止められた車たち。ケンケンは微妙な隙間を残して取り囲まれていた。切り替えしは超苦手だ。
慌てて事務所に戻る。Sさんにお願いしよう。 …電話中。 他は誰もいない… 誰かぁ~… Eサン発見。
M「すみません、運転の上手な人を知りませんか?車が出せないんです」
E「あ~アタシのを出せば、出れるんじゃない?」
 現場に急行。車を出してもらう。それでもまだギリギリかも。
E「はい、そこで右に切って~。まだ余裕ある、大丈夫。切って切って」
M「右へ切る… ??? えと… こうかな…」
E「……… 替わるワ」 あぁ、ありがたいお言葉♪
難易度の高い上級レベル。替わってもらって正解だった。Eサンのハンドルさばきは男前でカッコよかった!
Eさん、本当にありがとうございました。

ようやく駐車場を無事脱出、時計は既に17時!
焦って事故にあってはモトもコもナイ。慌てず騒がず安全運転で無事帰宅。18時ジャスト病院着。間に合った~

N先生は往診中でした。そして長引きました。診て貰えたのは19:30…
■動物のお医者さん、N。②
2006-06-21 (水) | 編集 |
    
おにぃにゃんは私が守る。 …私が守る。     私がぁ~…

クローズアップ現代を見たあと力丸の点滴に行った。先生に番組の話をした。
近親交配が進んで遺伝的疾患や奇形のコが多い事。生まれてすぐ処分される為、表沙汰にはならないけど増えていること。
などなど。

N「そうそう。日本は無法地帯だからね。
例えばミニチュアダックスは、この柄とこの柄をかけると先天的異常が出る、という法則がある。
悪徳ブリーダーも多いし、一般の人が知らすに交配する事もある。
例えばチワワは必ず帝王切開だけど、知らなくて慌てて来た飼い主さんもいた。」
M「え~、チワワは帝王切開なんだ…知らなかった」

N「ラブラドールレトリバーは股関節○○(←忘れた)が多い。発症してなくても3割は病気を抱えている。
太ると出やすいから気をつけないといけないけど、体質的に太りやすい。飼い主さんに知識を持ってほしいと思うよ。
アメリカでは、遺伝的な病気が出ないように全てのレトリバーの股関節のレントゲンを保管し管理している。
日本は遅れているね。
もともと犬は雑種だった。流行の犬種は目的に応じて人間の手で作り出されたもの。
だから純血種といわれるコは病気になる確率が高い。力丸くんは純粋な雑種だからその点は大丈夫だけど」
M「あ、あはは…そうですか…」

N「それからチャウチャウ犬は中国で食用として作り出されたんだ。だから肉の部分が多いんだよ」
M「えっ?え~?そんなぁ…。ライオンみたいで可愛いのに」
N「や、もう食べないかもしれないけれど。もともとは、そうなんだよ」
M「………」

ワンニャンについての知識は必要ですニャ。学校教育でも取り入れて普及させてほしいです。頑張れニッポン!
■5時20分はお得デショ。
2006-06-19 (月) | 編集 |
 
いつものように起こされた。いつものように時計を見る。
っえっっっ?! 5時20分っっっ?!!! ぅわ~♪ (^O^)

この2ヶ月間、必ず4時22分より前に起こされていた。5時代まで寝るのは何年ぶりかしら?(…2ヶ月ぶりデショ?)
ぅわ~い♪ぅわ~い♪

太陽の位置が高い。普通の朝。私もようやく普通の人…感慨にふける。
おはようございます。 自転車を楽しむご夫婦とすれ違う。
おはようございます。 ウォーキングを楽しむご夫婦とすれ違う。
おはようございます。 白いワンコを連れたお父さんとすれ違う。
おはようございます。 グレート・ピレニーズのサクラちゃんと久しぶりに会う♪
力丸の4倍はある、白くてでっかくて大人しくて可愛いコ。
おはようございます。 …っ?ドーベルマンがチワワ化したような、黒くてちっちゃいワンコを連れたおねぇさんとすれ違う。サクラちゃんと挨拶する様子は何とも不思議。あぁ、今朝はデジカメを忘れてきたワン。

5時20分はとっても得した気分。力丸のゲゲゲ化ストップか?

※5/24と5/31の日記をご参照くださいニャ。(^_^)b
■紫陽花。
2006-06-17 (土) | 編集 |
 ジメジメした梅雨の、和みだワン。

昨夜の検査結果ではCre(クレアチニン)も現状維持。週3回の点滴続行っ。

_DATE_BUN__Cre_ ※正常値 BUN:20-30、Cre:0.8-1.8
|5/08|92.7|4.4|←正常の3倍!週2回の点滴で戦闘開始っ。
|5/20|92.0|4.3|
|6/03|83.0|5.1|←Cre値上昇ショック!点滴3回で応戦っ。
|6/16|81.8|5.1|←なんとか現状維持。この調子で継続っ。
◆足あと帳。
2006-06-16 (金) | 編集 |
 よろしかったら、1言コメント残していってくださいニャ。
■サマーカット妹妹。
2006-06-15 (木) | 編集 |
 
妹妹(メイメイ)の、サマーカット前とカット後。ママにゃん(私)的には大ヒットでしたがいかがデショ。

力丸と蜜月のハズが…急転直下。お仕事が降ってきました。
以前お話だけは聞いてたけれど、その後具体的な連絡がなかったので
「あれ~立ち消えかナ~。ま、いいや~当分のんびりしまショ」
雨の日の午後みんな眠たい。マッタリしていると。突然電話!
めちゃめちゃ具体的な話が進んでいて来週早々にも仕事内容の打合せとニャ。
「あら~困ったわね~」  …とは言え、ありがたいお話です。

「妹妹教(めいめいきょう)」のママにゃん。※妹妹が神様で、信者は私一人です。
まずは妹妹にあやかって平常心、平常心。
■動物のお医者さん、N。①
2006-06-13 (火) | 編集 |
 力丸の点滴は週に3回400ccずつ。
腕のいいN先生は手術担当。だから待ち時間が長く、1~2時間は当たり前。いい読書タイムである。

診察の時、N先生とこんな話をした。
「最近ネットで、動物虐待とか乱繁殖とか知ってショックでした。悲惨な事件があると最終的には動物病院に運ばれるデショ?
先生が今までに手がけた中で、一番辛かった手術は何ですか?」
N「目玉が飛び出したのとか。色々あったよ。今日摘出した腫瘍は大きくて転移もしてた。
人間でも治らない病気は犬も治らないし、人間の5倍の速さで歳をとる分、病気も5倍に凝縮される、と
考えないといけないんだよ。
だけど…。僕が一番悲惨やナと思うのは…お腹に赤ちゃんがいる状態で避妊手術に連れてこられること。
摘出した卵巣の中で動いているからね、胎児は。…それが一番悲惨なことやと思うなぁ…」 
 …きっと多いんだろうなぁ…
M「そのコたちは、生ゴミになっちゃうんですか?」 (T_T)
N「いや、○×寺にお願いして、毎回、供養するんだよ。」

先生の言葉を聞いて、2つ安心した。
●1つは、動物の命を守る立場であるのに、命を絶たなければならない状況を「悲惨だ」と感じていること。
立場上、割り切らなくちゃいけないけど、事務的に無感情にすませず、人間らしい「心」を忘れないでいること。
※世の中には営利目的の悪徳な病院もある。無責任な獣医師もいる。飼い主さんの憤りは測り知れない。
そんな話題を近頃mixiで知ったので。
●もう1つは、名もない小さな魂を追悼してくださっていること。
天に召されたコ達は天使になったり、輪廻転生があるなら幸せな環境に生まれてるって思えるから。
終わりよければ全てヨシ。みんなHappy Endでなくっちゃ。

時にはひっかかれたり噛まれたり骨を折りながら、言葉の通じない患者さんを治療する、動物のお医者さん。
世の中のお医者さんがみんな、N先生のように愛情を持って接してくださる人でありますように。
■くるまのプーさん
2006-06-10 (土) | 編集 |
 
なにやら視線を感じるワン。お?プーさんダっ。新しい旅に出るところ?

派遣契約が終わったママにゃん。片道1時間半の通勤、ご苦労様でしたワン。
次のお仕事までの間、ボクとゆっくり過ごしてね。しばらくはプーさん。
■あら伸び~タ?
2006-06-08 (木) | 編集 |
  

実態はこうですニャ。
■ぷちにゃキータ。
2006-06-07 (水) | 編集 |
  
いかがデショ?
■力丸史②:猫好きワン。
2006-06-06 (火) | 編集 |

「なんニャ?この尻尾の短くて身体の硬そうなチビは」
力丸は先住民のニャンズ(おおちゃくんとぽぽりん)に受け入れてもらえませんでした。
それでも自分を猫か人間だと思っているので「遊ぼ~よ~」と寄っていく力丸。
怪しい生き物に警戒するニャンズはこわばって固まる。
そのうち猫パンチを浴びせる。
かまってもらえた♪と喜ぶ力丸。高所に避難するニャンズ。
「きゅぅ~ん…」
猫さんが好きな気持ちは日増しに募るばかりでした。

そんな日々が続いたある日、ひょんなきっかけから妹妹(メイメイ)が来ました。

友達の親戚がペルシャ猫のブリーダーをしていて
「買い手がつかないから引取ってもらえないか」と頼まれたのです。
「猫2匹も3匹も変わらないでしょ」と押し切られて…。

 力丸は大喜び♪
妹妹のお世話大好きウキウキおにぃにゃんの笑顔になりました。
きっかけはどうあれ、今は、妹妹とめぐり合えたことに感謝しています。
■力丸史①:不思議な夢。
2006-06-05 (月) | 編集 |

家には「レオ♀」という外飼いの犬がいました。
やさしい、賢い、お姉ちゃんのような存在でした。
ゴハンは残り物。
カレーももらってたし、犬によくない葱も玉葱もスパイスも入ってました。
でも、レオは20才まで元気に生きました。(1972-1992の10/11まで)
人間にしたら百歳を軽く超えてます。

レオが亡くなった1週間後、
私は「白い子犬をお婆さんから託される」夢を見ました。

その夢を見た2日後、琵琶湖へ遊びに行った帰り、
たまたま寄ったホームセンターで里親募集のイベントをやっていました。
サークルの中に、たくさんの仔犬がいて。
その中の白い仔犬を見たとき「あっ!このコ!」と思いました。
そして。里親希望者が複数だったので抽選となり。当たって…。
その白い仔犬は力丸という名前になりました。
コレはね。ホントに。驚きました。あれは予知夢だったのね。


 
力丸は色の配色がレオに似ています。違うのは耳が立っていないところ。
近所の人からは「レオの子供?」ってよく聞かれました。
不思議な縁ってあるものですね。

※力丸は1992/09/07生まれ。あ、今度の9月で14歳ダ。
土曜日の検査結果が芳しくなかったので、点滴はこれまでの週2回、から、週3回になりました。
病気に負けるな!目指せ20歳っ。
■妹妹的黒大福。
2006-06-04 (日) | 編集 |
 
果てしなく穏やかな癒し系まっくろ黒スケなのニャ。
■水頭症のチワワ、ちくワン。
2006-06-02 (金) | 編集 |
み~んなに幸せ訪れますように。

 
2003年の10月1日から2004年の8月30日まで、妹妹(メイメイ)はN市のC動物病院にお世話になった。
通院したり入院したり。しょっちゅう出入りしていた。
妹妹が入院中のある日、お見舞いに行くと。生後1ヶ月のチワワちゃんが。
M「先生、このコはどうしたの?今日から入院?」
T「水頭症で目も見えないコでね、ペットショップから病院を回りまわってここに来たんだ。水頭症のチワワ、結構いるんだよ」
…そうなんだ…
そう言われれば、確かにデコッパチだ。でも可愛い。
T「最近チワワが流行ってるでしょ。病気のコも多いんだ」 …なんで?
M「抱っこしてもいい?」
T「どうぞ、可愛がってあげてね。このコの課題は、生きることなんだよ」

「ちくワン」細く。長く。見通し明るく。
心臓病手術を受けたワンコ「あぶサン」の、お姉さんが名づけた。
食べるのヨ、生きるのヨ。みんなの愛情が伝わったのか、少しずつゴハンを食べるようになった。
目が見えないせいかナゼか後ろに進む、後ずさりのままグルグル回る不思議な癖があった。
大きな目は澄んでいて、見えないなんて嘘みたい。
よく抱っこさせてもらった。子犬が苦手な力丸も、ちくワンには優しかった。

妹妹が亡くなって引越したし、担当医のT先生も故郷に戻って開業されたので、C動物病院に行くことはなくなった。
ちくワンは今どうしているのかな。生きていてね。
■ねこでもドア~。
2006-06-01 (木) | 編集 |
  
おにぃにゃん見て覚えたの。自由自在♪ベランダ旅行は楽しいニャ。

力丸用のドアである。外が気になれば出て眺める。自由に行き来できる。
「ベランダGO!」と言えばいったんベランダに出て部屋に戻るという芸もする。
※mixi動画⇒■ベランダGO!
犬専用の少し重い扉だから猫さんは開けられない。
いざとなったらベランダで用を足してもらえる、非常扉。  のはず… だった…。

だが、しかぁ~しっ。

コロンにゃんの学習能力は想像以上に高かった。そして無邪気で好奇心旺盛、運動能力も高い。
よそ様宅へニョキニョキ出現する事などにゃんでもない。と、思われる。 …それは危険。
しかも。力丸は今までにベランダで用を足した事は一度もない。

以上の理由により普段は封印しておりますのニャ。


小型犬はお家の中に専用トイレを置く事があるし、
大きいコでも「外でさせない、家でしか用を足さない」という躾の仕方があります。
「お外でしかしない」力丸を、今から変えるのは高難易度。 …だけど。 …う~ん …。
※今朝も3時30分に起こされましたが4時までタヌキになってみました。
ストップ!ザ・力丸ゲゲゲ化。(05月24日の日記をご参照くださいニャ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。