愛犬力丸の闘病や犬猫のこと、May2♪の大ボケ話がてんこ盛りです。
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■針のアト。
2010-02-12 (金) | 編集 |
 

体調がイマイチ…。寒いし風邪かナ。
ここはやはり医学の力を借りましょう。近くの個人病院へ行ってみた。
開業5年目という某医院は三角屋根のシャレた建物。まだ新しい香りがする。

検査になった。看護師さんではなく先生が採血をしてくださるらしい。
右腕にゴムを巻き、血管を浮かせるべく、先生が私の腕をペチペチ叩く。
D「あれ。血管でてこないねぇ~。」 ペチペチペチペチ★
M「はい。いつでも、どこでもそう言われます。」
 プスッ。針刺される。…血が採れない。針グリグリ。…採れない。スポッ。針抜かれる。
D「医者泣かせだねぇ。」 ペチペチペチペチッ★
  プスッ。針刺される。…血が採れない。針グリグリ。…採れない。スポッ。針抜かれる。
M「あ…。あの。先生…。」
D「ちょっと黙っててっ。」 ペチペチペチペチッッ★
 プスッ。グリグリ。スポッ。ペチペチッ★プスッ。グリグリ。スポッ。ペチペチッ★

採血が終わった時、先生のおでこには汗。私の腕には。 怪しい跡が7つ 残っていた…。
先生じゃなくて。腕のいい看護師さんにやってもらいたいんですけど…。
関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。