愛犬力丸の闘病や犬猫のこと、May2♪の大ボケ話がてんこ盛りです。
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■引越 29:ご近所。①
2008-11-03 (月) | 編集 |

この家は8年前まで大家さんが住んでおられた。左隣は大家さんのご親戚。家の前には用水路。
車1台分の小さな橋を渡って家の敷地に入る。
2軒の家は同じ敷地に並んで建っており、小さな橋は共用。
目の前に広がる田んぼ。その向こうは山、山、山。家の裏手にも山。
そう。ここは田舎。ご近所の皆さんと上手に仲良くやっていかなくちゃっ。
この家の先住者は、色々もめたと聞いている。左隣の、大家さんのご親戚とうまくやっていかなくちゃっ。
ごあいさつ行脚にGO!

ご挨拶の品を手に、意気込んで家を出る。ちょうど右隣のご主人が外にいらっしゃった。
引越し前に軽くご挨拶してはいたが、改めてご挨拶。
M「お世話になります。どうぞよろしくお願いします。」
-「あぁ。こちらこそ。よろしくお願いしますねぇ~。」

続いて左隣さんへ。ご主人が出てこられた。頭にタオルを巻いている。
M「お世話になります。どうぞよろしくお願いします。」
-「あぁ、こちらこそ。よろしくねぇ。わからん事があったら何でも聞いてちょぉだぃ。」
M「あっ。あの。ご挨拶にはどの辺のお家まで伺ったらいいでしょうか…。」さっそく質問。
-「あっち(右)のお隣さんは行った?」
M「あっ、はいっ。行きました。」
-「そぉ。じゃぁ、いいんじゃないの~。」
M「裏のお宅とかいいでしょうか…。」
-「いいよぉ。そんな~。落ち着いたら町内会の班長さんとこ案内したげるわ。」

そうかっ。町内会とかあるんだっ。
関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。