愛犬力丸の闘病や犬猫のこと、May2♪の大ボケ話がてんこ盛りです。
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■引越 23:幸運の鍵。⑤
2008-10-24 (金) | 編集 |
 
すがすがしい気分で新居(築35年)に到着。まわりは田んぼと山。夜は真っ暗である。
鍵を開ける。ん?暗くて鍵穴が全く見えない。こう?…こうかな? ッカチャ★ 開いた♪
M「よろしくお願いします。」 お家にご挨拶。中に入り、電気をつける。

M「力丸ぅ、妹妹(メイメイ)ぃ、新しいお家だよ。よろしくね。」
力丸と妹妹の骨壷と写真を抱き、あらためて家に入る。力丸と妹妹には、見守ってもらわなくちゃ。
続いて、長旅とウンP騒動でクタクタのお嬢にゃんズ。
M「みるふぃ、コロン、よく頑張ったね。ありがとね。」
猫用トイレと水を設置してからケージを開ける。
お嬢にゃんズは身をかがめ、怪しい足取りで慎重に部屋の匂いをかぎ始めた。

その他の荷物を車から運び終え、ホッと一息。座り込んで周りを見る。
…ん?お嬢にゃんズの姿がないっ!
この部屋か?…いない。あの部屋か?…いない。階段か?…いない。2階か?…いない。
押入れの扉もクローゼットのドアも開いている。あっちも見て、こっちも見て。
いない。いない。いないぃぃぃ~っ。え゛…?どこっ?えっ?えっ?えっ?
まさか、さっき外に出たのではっ?あぁ、それでは探しようがない…。

もぉ…。もぉ…。もぉカンベンしてください。NO MORE ハプニンぐぅぅぅ~…

M「あ…。」 
なにげに床の間の地袋を覗くと、お嬢にゃんズが静かに納まっていた。
(※地袋ちぶくろ:床の間の下の方にある戸の部分)

ひゃ~。すっごい日だったなぁ~…。
ようやく一安心。本当に長い長い長ぁ~い1日だった。
明日は荷物がやってくる。無事に到着しますように。
関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。