愛犬力丸の闘病や犬猫のこと、May2♪の大ボケ話がてんこ盛りです。
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■とっつぁんと病院。④
2007-01-11 (木) | 編集 |

今年初の診察。とっつぁん(父)、姉わん(姉)とともに、I先生からお話を聞く。
入院、手術コースはすでに決まっており、年末に受けた様々な検査は手術を前提としたもの。
検査の結果から判断して手術ができる状態かどうか、と、具体的な日にち発表なのである。

前縦隔に発生した嚢胞性病変に出血を合併した病態。縦隔腫瘍は最大径12㎝。内部は多房性の構造。上行大動脈に接しており、大動脈は5センチにわたって影響を受け変形が見られる。その為、場合によっては腫瘍部分の上下の大動脈をつなぐ事になる。カテーテル検査を実施し医療チームで対策を検討する。これがなければ手術はわりと楽とのこと。

「…と、いうことでっ。取りますか」 全員「よろしくお願いします」
「手術は胸部正中切開です。僕としては、トゥルっと取れると思うよ」
トゥルっと。フグの白子を想像してしまった。
外科と歯科の先生は大工さんっぽくていい。

とっつぁんは既に「覚悟」もしている。
日取りも決まって前進あるのみ。
白子に「トゥルっ♪」と出てきてもらいまっしょぃ。
関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。