愛犬力丸の闘病や犬猫のこと、May2♪の大ボケ話がてんこ盛りです。
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■とっつぁんと病院。③
2006-12-29 (金) | 編集 |

2004年6月に移転・新設された某大学病院は、広々として美しい。
敷地12万4千㎡。1階は床暖房、屋上にヘリポート。バリアフリー、免震構造9階建て。1階から2階へはエスカレータもある。エレベータホールの裏側にはグランドピアノ♪クリスマスには弦楽器との四重奏ミニコンサートがあった。
診察は完全電子カルテ化。ドクターは患者の目の前でパソコンに病状を入力、検査を予約。変換ミスは全てまる見え。(~o~;)
ATMは当たり前。会計窓口は銀行そのもの。自動支払いOK。待ちナシ。
す、すごい…。

検査を終えたとっつぁん(父)と2階から1階へ。エスカレータに乗ろうとして「…!」犬と遭遇した!
目の不自由な女性に寄り添う白ラブの盲導犬だ。
「階段はどっち?」女性が聞いた。すると。
白ラブはエスカレータ前へ彼女を誘導。「下り」である。
下りと上りのエスカレータは並んで設置されている。それなのに。ちゃんと「下り」の前へ。
す、すごい…。
そして。タイミングを見計らってエスカレータに乗った。もちろん、彼女を誘導して。「…お。おぉ~!」

盲導犬にしたら、当たり前のことをしただけなのかもしれない。が。
「犬」の立場からしたら…。動きつづけるエスカレータのステップに乗るなんて。
犬の足がはさまれそうなスジスジなのに。あの狭いスペースにおさまるなんて。
しかも。自分ひとりではなく、ご主人様を誘導している。

「…おぉ~」ただただ感動した。その何秒かのドラマに涙が出そうだった。
偉いね。頑張ってるね。ありがとね。
下りながらあくびをひとつ。ほんの一瞬、息抜きをした盲導犬であった。
関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。