愛犬力丸の闘病や犬猫のこと、May2♪の大ボケ話がてんこ盛りです。
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■動物のお医者さんN、⑨。
2006-12-11 (月) | 編集 |

週末、動物病院へ。ボルゾイとワイヤーフォックステリアのK村ご夫妻に再会した

N先生は手術中。あと30分、と言われていたものの。待つ事1時間半。
待合室は貸切状態。「お待たせしてすみません~。力丸ちゃんどうぞ」

N「手術が長引いちゃってすみません」
M「い~え~。いいんですよ。何の手術だったんですか?」
N「猫の避妊手術のはずが、お腹開けたら子宮蓄膿症になっていて」
M「ぅわ~。大変だったんですね。先生、かなりお疲れでしょう。目の下クマになってますよ」
N「ぃやぁ。これは。腰痛で。寝れなくて」
M「えっ?腰痛ですか?ヘルニアですか?ギックリ腰?」
N「もともと腰痛持ちで、くしゃみすると腰に響いて痛いんです。そして鼻炎持ち。
  いま鼻炎も出る時期だから。くしゃみする度に腰に来て。痛くて寝れないんですよ。なかなか…」
M「ぅわ~。大変じゃないですか。手術って座ったままできるんですか?」
N「座ってやりたいですけどね。座ると患部が見えないから。ずぅ~っと立ちっぱなしなんです」と。
座ったまま力丸に皮下点滴。そして。

N「次回の診察は電話してから来て下さい。僕、休んでるかもしれません」
M「はい。わかりました。先生、お大事にぃ…」

鼻炎と腰痛、よくある持病。病気を診るお医者様たち。
患者さんの病気はもちろん、ご自身の病気とも、日夜闘っているのだ。
皆様、お体にはくれぐれもお気をつけください。
関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。