愛犬力丸の闘病や犬猫のこと、May2♪の大ボケ話がてんこ盛りです。
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■動物のお医者さんN、⑦。
2006-10-10 (火) | 編集 |

連休を長良川で楽しんだ力丸。締めくくりの診察を待つこと2時間ちょっと。
「力丸ちゃん~。お待たせしました。どうぞ」ようやく点滴タイムとなった。

N「お待たせしてすみません。緊急手術が入って。」
M「いいんですよ~。緊急って。何の手術か聞いてもいいですか?」
N「避妊手術をした猫のお腹の傷口が開いたんです」
M「えっっっ?そんな事ってあるんですか?」

野良猫を保護した人が避妊手術に連れて来た。
施術後その猫は、お腹が気になって糸をとってしまったらしい。
その人がお腹の異常に気づき診察に連れてきた。調べると糸はキレイになくなっていた。

N「腹膜と皮下組織と皮膚。糸は3段階にわたって縫うんです。
  溶ける糸を使うので傷口がふさがると自然になくなるんですが
  糸が気になって舐めたつくしたか引きちぎったんでしょうね」
M「放っておいたら死んじゃうんですか…助かってよかった。
  それにしても内臓に向かって3本分もとっちゃったなんて。痛くないのかな」
N「痛みよりも。気になる方が先ですね。
  腸の一部が傷口から出ていたので悪い部分は切除して残りの部分を体内に押し戻しました。
  カラーをつけて傷口が塞がるまで1週間入院です。野良猫の場合、入院させるとショックで
  ゴハンを食べなくなることが多いから普通は入院せず、カラーもつけずに返すんですよ」
M「そうなんですか…。だけど今度は縫い合わさってもらわないと。
  野良猫を保護して手術を受けさせる人って偉いですよね。連れてくるだけでも大変なのに。
  …費用も大変でしょうね」
N「通常より安くさせてもらってます」
M「わぁ。そぉなんですかぁ♪ありがとうございます♪」

ふぎゃぁああ~っ!奥から猫の叫び。お大事にニャ
関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。