愛犬力丸の闘病や犬猫のこと、May2♪の大ボケ話がてんこ盛りです。
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■動物のお医者さん、T。②
2006-09-30 (土) | 編集 |

ドッグパークの件が明るみに出て支援の輪が広がっている。
支援の気持ちが失速せずに長く続くことを祈らずにはいられない。

T先生に電話をした。T先生は妹妹の病気と11ヶ月間一緒に闘ってくださった恩師。
現在、東北の郷里で開業され、心臓の悪いマルチーズのピーちゃんと発育不全の猫のネネちゃんを育てている。

この事件をご存知なかったので状況を説明。
T「480頭?う~ん。それはひどい。何とかしてあげたいですねぇ…」
M「あまりにも不憫で。ひとりでも助けてあげたい。その場合は力丸への 影響はありますか?
 いまはBUNが63.クレアチニンは4.4のままです。
 (※正常値はBUN:20-30,CRE:0.8-1.8) 咳は時々出ます」
T「クレアチニン4.4かぁ。犬は猫と違って弱いです。悪化すると早い。
 急にガクンときます。ピーちゃんも心臓悪いから休日は孝行してますよ。
 湖に行ったり海に行ったり。今度の休みは田子(タッコ)のお祭り。
 力丸君ほどじゃないけど、色んな場所を見せてあげたい。
 妹妹ちゃんも最後は大変だったデショ?必ずああなります。対応できれば問題ないですけど」
M「う~ん…」
T「元気な時なら問題ない。力丸君は大人しいし。
 ただ、たいていの犬は病気になると、それまで以上に手をかけてもらえる分甘えん坊になり、
 自分が一番って思うようになる。そこへ他の病気の子が来て関心が集まるとおもしろくない。
 やきもちやいて意地悪する子もいますね。
 犬との相性を見て選ばせてもらえれば、まだいいかもしれないけど」

T「それにしてもね。犬のテーマパークなんてうまく行く訳がないっ。
 運営して採算が合う訳がないっ」
M「うちの近くにもわんわん動物園があります。
 開園12周年。グルーミングスクールと提携していて運営できてるみたいです」
T「そうやって何かと共同でやらなくちゃ。
 トリマーにはカットモデルが必要だし、園側は犬をカットしてもらったりシャンプーしてもらえる。
 持ちつ持たれつならやっていけるでしょう。それにしてもねぇ…」
M「……もう少し考えますね。お話ししてよかったです♪」
T「気持ちはよ~くわかりますよ。またいつでも電話してください」
M「ありがとうございます。」
関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。